Blog

讃岐うどん 木田

2019年7月24日

カテゴリー

知る人は知っている肥後橋のうどんの名店『木田』

路地裏にありながらオープン直後に入店した時にはすでに四人のお客さんが来店してました。

入って席に着いた時に何故か違和感を感じて周りを見渡すと誰もうどんを啜っていません。

不思議に思いながらもエビ天ぶっかけうどんを注文。

その時注文を聞いてくれた店員さんから言われた一言は

「だいたい1時間くらいでうどんが出てきますが大丈夫ですか?」

うどんが1時間??!

さすがに1時間かかるんですか??と聞き返したら

一杯のうどんを15分かけて作って順番にお出しするのでそれくらいになります。

との事。

そんなうどん屋さん聞いたことない。

一気に興味が湧きました。

それならばと

おでん数種類とおススメメニューの卵とちくわの天ぷらを追加注文し店主のうどんさばきに目を凝らしました。

普通なら手早く回していくのがうどん屋さんやラーメン屋さんだと思いますがここはどうやら違います。

カウンターのみの店内に僕が入った後から後から続々とお客さんが入店し、みんなひたすらうどんを待っている。

店主はカウンターでうどんの茹で加減をチェックしたり冷やし加減をチェックしたり新たなうどんを切ったりと随所にうどんへのこだわりが見えます。

おでんと天ぷらをアテに三本目の瓶ビールを飲み干す頃に奥さんから

「うどん行きます!」

の声が。

1時間待ってても店主の仕事を見てたら飽きる事はありませんでしたがそれでもついにそのうどんが来ると思うとなんか嬉しかったです。

実はこの1時間の間に店主や奥さんと話す時間もあってエビ天は別で出すから生醤油うどんを食べて欲しいって言ってもらいメニューを変更してました。

一杯に15分かけて作るうどんは他にも店員さんいるのにすべてのお客さんに店主自ら配膳している。

僕の時ももちろん店主が配膳し自らすべての薬味を入れてベストに仕上げてくれました。

めちゃくちゃ美味そうですw

1時間待って食べた感想は…

近年食べたうどんの中でも一番とも思える歯ごたえのうどんでした。

酢橘と醤油のバランスが絶妙美味い!

お昼休憩ではきっと時間が足りないと思うのでお休みの日にぜひ行ってみてください。

The following two tabs change content below.

保田 将徳 MASANORI YASUDA

岡山県出身 グラムール美容理容専門学校を卒業後、関西大手ヘアサロン1店舗で10年勤務。その後、2008年西梅田にnineをオープンしました。

最新記事 by 保田 将徳 MASANORI YASUDA (全て見る)

© 2019 nine kitahorie