Blog

メンズカットは美容室に行く?理容室に行く? 【南堀江の美容室nine】

2019年5月6日

カテゴリー

メンズカットは美容室に行くのか?

昔、僕がまだ小学生くらいの時って恐らくほとんどの男性が理容室(散髪屋)に行っていました。

でも最近は美容室に行く男性が増えているように思います。

実際、僕は昔から男性のお客様が本当に多くて現在でも男性比率が30%~40%くらいあります。

もともとは来てくれていた女性のお客様の旦那様だったり彼氏さんだったりが紹介で増えてそうなったって感じです。

特に昔から刈上げのお客様には何故か好評で(汗)

「散髪屋より上手いよね刈り上げ」

なんて言われることもよくありました(汗)

それはさておき、近年は男性でも美容室に行くというのはとても一般的になりましたね。

理容室には理容室の良さもある

男性が美容室に行くという事は一般的にはなりましたが、それでも理容室に行く方も多いです。

そして理容室には理容室で良い部分もたくさんあります。

まずは、顔そりがあるということです。

僕も昔は理容室に行っていたのでとても良く覚えているのですが顔そりがかなり気持ちいいです。

自分がnineをオープンするときももし理容師免許を持っているスタッフを見つけることが出来れば顔そりのメニューを

作りたかったくらいです。

それともう一つはピシッとしてもらえる(個人的な感想)ことです。

僕は今でも髪を切るときにたまに他店に行くのですが、東京で切っても大阪で切ってもいつも思うことがありまして、それは

「なんだかふわっとカットされる」という(汗)

ふわっとといっても髪がフワッととかスタイルがフワッととかではなくカットの手順やラインがフワッとされているように感じます。

僕はカットするときに切り始める前にどこからキリはじめどのようにカットするのか決めてからカットするので左右もそうですが

カットしていくペースもラインも引き出し方もすべて決めた動作を行います。そんな性格のせいか美容室にカットしてもらいにいくと

「右の時はこう引き出したのに左は緩めに引き出すの?」とか「右と左でラインがなんで違うんだ?」などと切られながら思ってしまいます。

その点、理容室でカットしてもらうとピシッと揃えてそれこそ初めに決めたラインを切っていかれてる!って感覚がありました。

美容室と理容室の使い分けもありかも

美容室にも理容室にもそれぞれ良い部分があるので普段からどちらかに決めていくのももちろんいいですが時には使い分けをする。なんていうのもありかなと思います。

「美容室で今日はヘッドスパだな」とか「今日は理容室で顔剃りだ」など幅が広がるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

保田 将徳 MASANORI YASUDA

岡山県出身 グラムール美容理容専門学校を卒業後、関西大手ヘアサロン1店舗で10年勤務。その後、2008年西梅田にnineをオープンしました。

最新記事 by 保田 将徳 MASANORI YASUDA (全て見る)