Blog

クレープリー エ ビストロ アルモリカ

2019年12月27日

カテゴリー

今日は忘年会という事で、本町へ!

今までは忘年会といえば「ふぐ」とか「焼肉」とか「しゃぶしゃぶ」とかが多かったけど、今年はおしゃれにフレンチ系で攻めることになりました。

そこでお邪魔したのがCrêperie et Bistrot Armorica。

フランスのブルターニュ地方の郷土料理が楽しめる関西ではあまりないお店です。

Crêperie et Bistrot Armoricaのあるビルまで行ってみると「なんだか来たことある」
以前に来たいい雰囲気のバーと同じビルでした。

場所は地下1階。 外から見てもすごくオシャレな雰囲気。中に入れば僕たちの席以外は平日の木曜日にも関わらず満席でした。

まず目についたのは一枚板のカウンターテーブル。(絶対高い)

他のテーブルも恐らく一枚の木から作られているっぽい。

今回はコースで注文しました。前菜は数種類から選べてチョイスしたのは
「豚ほほ肉とフォアグラのテリーヌ」

メインは肉か魚が選べ、ここは
「本日の鮮魚のポワレと季節の野菜」に。

どちらも美味い!

特にポワレは皮がサクサクでソースと相性抜群でした。

そしてここの名物のガレット!

ガレットが初体験だという事を伝えると、一番オーソドックスな「コンプレット」をお勧めしてもらいました。

ガレットはそば粉でできた生地で包んでいるブルターニュ地方の料理らしい。

これまた美味い。

生地のサクフワ感が僕にとってはとても新しかった。

こちらにはソムリエさんもいるのでワインのチョイスはお任せするのがベストです。予算なども親切に聞いてくれるので心配無用。

Processed with VSCO with m5 preset

最後のデザートの時に食後酒をお勧めしてもらったのでお願いし、てっきり甘いお酒かと思いながら一気に一口飲みこむと
クワ―(汗)

なんとアルコール46%のお酒なんだそうです。外人さんは食後にとんでもないお酒を飲むんですね(汗)

せっかくなので飲み干すとそれまでもさんざんワインを飲んでいたので「ぷ、ぷ、ぷ、、、ぷは~~」

ごちそうさまでした。とても美味しかったです。

ぜひ

The following two tabs change content below.

保田 将徳 MASANORI YASUDA

岡山県出身 グラムール美容理容専門学校を卒業後、関西大手ヘアサロン1店舗で10年勤務。その後、2008年西梅田にnineをオープンしました。

最新記事 by 保田 将徳 MASANORI YASUDA (全て見る)

© 2019 nine kitahorie